スポンサーサイト

  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -

立派な若ガラス

草刈りが入ったあとの草地でポカッと口を開けたカラスがいた。

口の中が真っ赤、あまり警戒心も強くないのでちょっと前まで巣の中にいた子供だろう。

強い日差しと暑さに口を開けていたよう。

羽がツヤツヤで若々しい。

親のカラスも近くにいないようで、独りでどんどん行動しているようだった。
短い夏に入り、徐々に秋に向かっていく気配がどことなくしていく。

 

撮影:2016年7月11日 札幌市


スポンサーサイト

  • -
  • -

  • -
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

profile

札幌市在住。
カメラを持って気付いたことなど撮り溜めています。
最近は虫の観察が面白く、虫写真多め。

もう一つのブログ

selected entries

categories

archives

clock

メール

mobile

qrcode

search this site.

others

PR